FC2ブログ

iTunes Music Store(iTMS)で探し物



[CNET News]アイチューンズ社長、iTMSは「リアル店舗にも負けない」と強気


昨日、iTMSで欲しい曲を探してみました。
探したのは、ケニー・ドーハムの“エル・マタドール”とチック・コリアの“ラ・フェスタ”。
ジャズです。

すると、ケニー・ドーハムは、まったく曲がリストされてなかった。有名なのに。。
チック・コリアは、そこそこ曲はあるけど、欲しい曲はなかった。。

ついでに、ドン・プーレンを探したらアルバム1枚分だけ。
ジョージ・アダムスは名前すらなかった・・・。

うーん。100万曲ってこんなもんなのかぁと思いました。
てか、探してる曲がマニアックすぎるんだと思うんですけど(苦笑)


冒頭にリンクしたニュース。

何もiTMSは、リアル店舗と張り合う必要ないと思うんですよね。

リアルな店舗でジャケットを見ながら、モノを手にとりながらCDを探すっていう行為、これはバーチャルな世界では絶対にできないこと。リアルな店舗と張り合う必要なんてなくて、リアルな店舗と共存できるネットでしかできないことを実現すればいいんじゃないかと思います。

たとえば、“廃盤”なんて言葉がネットではなくなるかもしれない。
だって音楽データが保管されていればいいんだから。

ジャズとかクラシックとか、もともと販売枚数が少ない音楽を聴いてる人間からすると、『廃盤になってます』という言葉を聞くことが多い。同じ曲でも違うプレイヤーの演奏する曲を買うことなんていくらでもあって、これを聴きたい!って思うものがすでに廃盤だと中古屋さんを捜し歩くしかなかった。そんなときにiTMSで探せばすぐ見つかるよっていう、そんな楽曲を揃えてくれると嬉しいなーなんて。

まぁ、売上は微々たるものだろうから積極的にはやってもらえないだろうことは容易に想像できるんですけどね。


欲しかったケニー・ドーハムの“エル・マタドール”は、amazonに中古のアルバムが出ていたのでそこで買うことにしました。

でも後で気づいたこと。

もしかしてアメリカのiTMSで探せばあったんじゃないの??(^_^;A

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ばーど

晴れてフリーランスになりました
30年ぶりにトランペットも手にしたので好き勝手に生きようと思います

好きなモノ
・よく晴れた朝
・ブルーモーメント
・深夜の空に浮かぶ月